トイレリフォームの実際

トイレリフォームの実際 毎日当たり前に使用しているトイレですが、やはりトイレにも寿命があります。突然トラブルが発生して使用できなくなると、家族みんなが非常に不便な思いをします。突然の事態に慌てることのないように、トイレリフォームについてある程度の知識を持っておくとよいでしょう。日本はトイレ先進国ですので、その技術はどんどん進化しています。寿命が来る頃には、使用しているタイプよりも高性能の商品が販売されています。ある程度の費用はかかりますが、より便利に快適に使用できますので検討してみましょう。

■トイレリフォームは必要なのか

トイレは長年使っていると劣化してしまいますので、一定の期間を経過したら新しいものに交換することが望ましいです。しかし、交換までの期間はおよそ10年ほどですから、頻繁にトイレリフォームが必要という訳ではありません。
また、10年の期間が経過すると、使いやすさが一段とアップした商品が出ています。ウォシュレットや消臭機能などのトイレの付属品も常に進化を遂げていますので、自分や家族にとって使いやすいトイレに交換することがお勧めです。

■必ず10年で交換しなければいけないのか
10年というのはあくまでも目安で、使い方によっては10年以上快適にトイレを使うことも可能です。一方で、正しい使い方をしなければ、10年経たないうちに故障してしまうということもあります。いつもきれいに使うという気持ちや、トイレに不適切な物を流さないということも重要です。
掃除をする場合も同様で、専用ではない洗剤を使ってしまうと、それによってパイプが損傷してしまうこともあります。便器は非常に丈夫に作られており、寿命は100年程と言われていますが、あまりも大きな衝撃を与えてしまうと破損してしまい、そこから水が漏れてしまうケースもあります。特に外側からの衝撃に弱いので注意が必要です。便器の破損は、基本的に修理対応はしてもらえませんので交換が必要です。
トイレのメンテナンスを十分に行いたいと考えるのであれば、専門の業者にメンテナンスを依頼してみてもいいでしょう。専門のメンテナンスは定期的にしてもらえますが、日頃からネジなどの緩みは点検してみて、自分でケアすることも必要です。自分でトイレのケアをする場合には、必ず専門の工具を使ってやらなくてはいけません。正しい方法でケアをしないと、傷つけてしまう恐れもあります。

■トイレの種類を知っておく

トイレは大きく分けて3つの種類があります。タンクと便器が別になっている組み合わせ型は、従来からよく見かけるタイプです。タンクと便器が別になっていることから、修理が必要になったときには別々に対応できます。
最近増えているのはタンク一体型です。タンクと便器がくっついていて、見た目にもすっきりとしています。最大のメリットは掃除がしやすい点になります。
また、タンクレス型もあります。従来あったタンクがなく、水道から直接水を引きます。このタイプは必要面積が狭いため、狭い室内でも対応できるというメリットがあります。自宅のトイレの広さや好みに合わせて適したタイプを選択しましょう。

■まとめ
トイレの寿命は約10年と言われています。必ずしも10年で交換が必要なわけではありませんが、便座やタンクにはさまざまな部品が使われており劣化してしまいます。トラブルが起きた際にはそのまま放置せず、修理が必要なのか、トイレリフォームが必要なのかを判断します。最新型のトイレは便利な機能が備わっており、より快適に使用できるものが多くあります。トイレリフォームが必要であれば、どんなタイプが自宅に合うのかを考えて選択しましょう。プロの業者に見てもらえば、適確な判断をしてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース